桑の葉

「春バテ」があるなんて!

 

 

いよいよ4月、新しいスタートを切った方も

多くいらっしゃると思われます。

 

私の末娘も今春から京都の動物病院で

動物看護師の仕事を始めました。

人見知りが激しく、その代わり牛豚から鶏、

犬猫の世話までこなす

動物好きの変わった性格なので

初めての都会暮らしが心配な

今日この頃です。

 

この時期、中二病、五月病に

用心とも言われますが、

ある夜突然、都会暮らしは嫌と帰郷し

(どこからかたくさんの動物を引き連れて!)

裏玄関のガラス戸を叩かないよう

祈るばかりです。(苦笑)

 

最近、春先に体調と心のバランスが

崩れることを「五月病」ならぬ

「春バテ」ということを

私が知ったのはつい最近。

 

その「春バテ」の原因は

気候の変化が原因とのこと

そこで今回の伝言板、

そのテーマで調べてみました。

 

◆———————————-◆

春バテの原因とは?

◆———————————-◆

 

【主な症状】

 

寒暖差や春特有の環境の変化、

ストレスなどが原因となって、

自律神経が乱れ、「だるい」「イライラ」

「やる気がでない」などの

症状があらわれることがあります。

 

このような症状が「春バテ」と呼ばれ

「昼間眠い」「目覚めが悪い」「夜眠れない」など

睡眠の不調も春バテ特有の症状といえそうです。

 

【原因は寒暖差と冷え】

 

最近のように1週間の中で約15℃も

最高気温の寒暖差があると

身体が寒暖差に対応するため、

相当量のエネルギーが消耗され

「疲れ」や「だるさ」を感じやすくなります。

またファッション面でも薄着になる機会が増え、

身体が冷えやすくなり、血のめぐりも悪くなります。

 

低気圧と高気圧が頻繁に入れ替わる春の時期、

自律神経の切り替えがうまくいかず

低気圧になると、血中の酸素濃度が下がり、

昼でも眠くなったり、身体がだるくなったりします。

 

【環境の変化に花粉症!】

 

春は、卒業や入学や進学、転勤、

異動、新生活のスタート、

自分や身のまわりの生活が

大きく変化する季節です。

 

知らず知らずのうちに

緊張感やストレスが生じて

自律神経が乱れ、ここに

花粉症などの体質的要因が加わると、

新生活によるストレスと

花粉症によるストレスが重なり、

精神的なダメージも受けやすくなります。

 

◆———————————-◆

春バテ対策、まず温めて!

◆———————————-◆

 

【蒸気の目もと温めでリラックス】

 

目もとを心地よく温めると、短時間で

副交感神経が優位になり、

リラックスできます。

 

温度は、目もとが気持ちいいと

感じる約40℃が最適。

 

温めには蒸気をともなうアイマスクや

蒸しタオルを使いましょう。

 

蒸気は乾いた熱に比べて、

深く広く温めることが可能です。

 

【ぬるめの炭酸入浴でリラックス!】

 

体温、血圧、心拍数を穏やかに変化させる入浴を

一定期間継続するのもおすすめです。

 

炭酸ガス入りの入浴剤を入れた

38~40℃のお湯に10~20分間入浴し、

これを週5日以上目安に続けましょう。

 

ぬるめのお湯での炭酸入浴は自律神経を整え、

身体をリラックスモードにしてくれます

 

【アロマオイルで快眠】

 

また、眠る前にアロマオイルで

マッサージをしたり、

ハーブティーなどを飲んだり、

音楽を聴いたりするなど、

リラックスを心がけるようにしましょう。

 

◆———————————-◆

昨今、世知がない世の中になってきましたね。

 

「夏バテ」ならぬ「春バテ」とは…

いかに世間様の情報の渦の中で、

心をリラックスできるか?

 

無印良品の店舗に行くと、

人影の間にアロマの湯気が

もうもうとたっておりました。(苦笑)

 

当社の桑の木には親指くらいの

若葉が付き始めました。

生き帰りの野道には菜の花が満開で

黄色い帯が風に揺れる、まさに春の景色です。

思い出すのは唱歌「おぼろ月夜」

口ずさむだけで気分もリラックス。

昔の歌に心いやされる私でした。

 

今回も最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

◆———————————-◆

« »