桑の葉

「熱中症」にご用心!

梅雨が明けると一気に熱波!

高温、高湿度、無風…

こんな時に起こるのが

ずばり熱中症です。

 

今回の健康伝言板は、

熱中症がテーマです。

 

◆———————————-◆

そもそも熱中症とは?

◆———————————-◆

 

人の体温は通常36~37度ぐらいに

保たれ、暑い時や運動をして

体温が上がると、汗をかいたり

血管を広げたりして体温を

下げようとします。

 

熱中症とは体内の水分や塩分が減り、

バランスが崩れ、体に熱が

たまってしまった状態のことです。

 

初期の段階では、めまい、

たちくらみ、吐き気や頭痛などの

症状が起こります。

 

◆———————————-◆

「水分補給」と「塩分補給」がポイント

◆———————————-◆

 

人は1日に食事や飲み水から

約2.5リットルの水分を取り、

尿や汗でその水分を

排出しています。

 

しかし、水分補給が間に合わないと

更に汗をかき、脱水症状に。

 

では、ただ水を補給すれば

いいかというと、汗には塩分などの

電解質(イオン)が含まれていて、

 

水だけ飲むと、体内のイオンの

濃度が薄まり、そうすると、

その濃度を保とうと尿が出やすくなり、

さらに脱水症状が進む悪循環になります。

 

熱中症の予防と対策には

水分と合わせて、塩分や食塩水、

経口補水液(最近CMよく見ますね)

を取るのがベストになります。

 

※食塩水

1リットルの水に、

ティースプーン半分(2g)の食塩

を溶かしたもの。好みで砂糖分も追加

 

◆———————————-◆

室温が30度超えたら冷房を!

◆———————————-◆

 

高齢の方は暑さやのどの渇きを

感じにくい体質となります。

 

汗をかく能力も衰えるので

1時間に1回は水分補給をしながら

部屋に温度計を設置し、

室温が30度を超えたら、

冷房をつけるようにしましょう。

 

入浴時や就寝中にも

水分は失われていくので、

入浴前後には十分な水分補給、

寝るときは枕元に飲料をおきましょう。

 

お子さんも、体が小さい分、

そのまま環境の影響を受けやすく、

新陳代謝が活発で、

出ていく水分も多いので要注意です。

 

◆———————————-◆

それでも「めまい」が起こったら!

◆———————————-◆

 

暑さで体温が上昇すると

体にこもった熱を逃がそうと、

皮膚の血管が広がります。

 

すると全身の血液の量が減り、

血圧が下がり、脳への血流が

減少し、めまいや立ちくらみ、

体がだるくなるのです。

 

◆対処法

 

安全で涼しいところへ、

転倒に注意しながら移動。

足を10センチほど高くすれば

心臓への血流がよくなり、

血圧が下がり、脳への血流も

改善されます。

 

首筋やわきの下などを、

保冷材などで冷やしましょう。

 

◆———————————-◆

「けいれん」にも要注意!

◆———————————-◆

 

大量の汗をかくと、塩分も

体内から失われます。

 

水分だけ補給すると、

血液中の塩分濃度が下がり、

手足の筋肉の収縮がおこり

熱けいれんが起こります。

 

手足の筋肉がぴくぴく、

こむら返り、手足のしびれを

感じたら熱けいれんの可能性です。

 

※全身のけいれんではなく、

部分的に生じるのが特徴。

 

◆対処法

 

安全で涼しいところへ、

転倒に注意しながら移動。

水分補給は無理のない範囲で

少しずつしましょう。

 

スポーツドリンクや、

食塩水や、梅干しなどもおすすめです。

カフェインの入ったものは

利尿作用が強いので使用不可です。

 

◆———————————-◆

体温が40度超えたら救急車を!

◆———————————-◆

 

立ちくらみ、吐き気、頭痛の症状が

出たら涼しいところで体を休め、

それでも回復しなかったら病院へ!

 

体温が40度を超えたら重症ですので

救急車を呼びましょう!

 

◆———————————-◆

携帯で暑さ指数を要チェック!

◆———————————-◆

 

環境省の「熱中症予防サイト」で、

各地域の指数が確認できます。

 

暑さ指数28度以上で危険な状態

31度以上で運動は原則中止となります。

 

◆———————————-◆

ところで甲子園は!?

◆———————————-◆

 

ここまで書いてきまして、

ふと気になったのが

夏の甲子園…

 

あんな環境で試合してよいのか…

暑さ指数31度は確実に

超えていますよね。

 

スタッフのM君曰く、

彼らは普段から

慣れているので大丈夫です。

(勝手に判断してる…)

 

それより僕の普段からの

能天気さが心配ですとのこと。

 

頑張れ!高校球児!

 

テレビでの観戦は

冷房の効いた部屋で

行いましょう!

 

(実際、選手の健康に

ついて協議されているようです)

« »