桑の葉

新緑の季節、森林浴のススメ!

熊本では桜の季節も終わり、新緑の時期を迎えました。
ゴールデンウィークも近くなってきましたが、
お出かけの予定は立てられましたか?

私には熊本の山奥、八代市泉町に住む友人がいて、
ゴールデンウィークにはカメラと釣竿を持って遊びに出かけます。
泉町(実際は村…)は平家の落人伝説が残る町で
「九州最大秘境」(何が最大かは不明)と自称しています。
実際、冬場の3か月程は道路が凍結し、一般車は出入り不能
今でも携帯の電話がほとんど圏外、(>_<)
人よりイノシシ、鹿、猿の数が多いという秘境なのです。
五家荘には有名な樅木(もみき)の吊り橋があり、
まさに絶景、新緑の時期は沸き立つような緑の中

大小のつり橋を渡り、森の空気を胸いっぱいに吸い込むと
気分も一新、ちょっと若返ったような気がします。
と、いうことで、
今回は「森林浴のススメ!」というテーマで
森の効果について調べて見ました。
◆――――――――――――――――――――――――――――――――――◆
森林浴の健康効果「森林セラピー」
◆――――――――――――――――――――――――――――――――――◆
…で、調べて行くうちに、「森林セラピー」という言葉を知り、
どんどん引き込まれていく私でありました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■そもそも、「森林セラピー」の意味とは?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
森林セラピーとは、
「医学的な証拠に裏付けされた、森林浴効果」をいい、
森林の環境を利用し健康維持・増進、疾病の予防を目指すものだそうです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■実証され始めた、森の健康効果
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「森林浴」という言葉が生まれてから27年だそうです。
しかし、その効能については医学的なデータが少なく、
客観的な根拠が整っていませんでした。
ところがここ数年、森林浴がもたらす生体反応を、
※ 唾液中のストレスホルモンや心拍変動、
※ 血中の抗ガンタンパク質の変化などで読み取り、
「森の効果」の解明が可能となり、
「森林セラピー」という言葉が生まれたのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■「健康効果が認定された森」が、全国に数十カ所あり!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その森の香りや空気の清浄さ、美しい景観などが
人の生理に及ぼす効果について、
医学的実験による検証がされ認められると
「森林セラピー基地」と「セラピーロード」として
お墨付きが与えられるそうです。
(認証は申請式で、厳密な審査、検査が行われる仕組み)
全国で数十カ所指定されているそうで、これは要チェックです。
どうせ行くなら、お墨付きの森がいいですよね!
そんな森があるなんて、全然知りませんでした。(汗)
※詳しくはこのサイトで調べてみて下さい!
「森林セラピー総合サイト」http://www.fo-society.jp/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■「森林セラピーガイド」や「森林セラピスト」が健康アドバイス!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
森には小人…いや認定された森には、資格を習得した
「森林セラピーガイド・セラピスト」がいて
森林セラピーを通じて、心とからだの健康を維持・増進していくための
補助と助言を行っているそうです。
◆――――――――――――――――――――――――――――――――――◆
五感で感じる、森の癒し効果
◆――――――――――――――――――――――――――――――――――◆
人間に備わっている5つの感覚「五感」
人間の体には視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚と呼ばれる感覚があります。
これらを意識して、森林セラピーを楽しめば、
森の力をより明確に実感できるそうです。
【聴く】
森の音に天然の鎮静効果。
静かな森の中でも、木立の葉が風に揺れる音や小鳥のさえずり、
水の流れる音などが、絶え間なく響き続けています。
ささやかなこれらの音を聞くことによって、
人間の体では、血圧の低下や脳活動の鎮静化などの効果が起こります。
【触る】
手のひらや足の裏で、木の葉や木の幹に直接触れてみる。
人工的な素材ではなく、自然由来のものに触れることで、
よりくつろいだ感覚や心地よさを感じることができます。
また、気に入った巨木が見つかったら抱きつくことでも
心を落ち着かせる作用があるのでおすすめです。
【見る】
森の風景を見ることで
体が受けるリラックス効果は、とても大きなものです。
ただ森の緑を眺めるだけでも
血圧の低下や脳活動が鎮静化するなどの作用をもたらします。
【嗅ぐ】
香りが脳に働きかける作用は直接的で大きなもの。
特徴的なスギやヒバといった木の香りは、血圧や脳の活動を鎮静化させ、
怒りや緊張などを緩和させる効果があります。
また、大きく深呼吸することで森林にたくさん放出されている
フィトンチッド(樹木が発する科学物質)を取り入れることができます。
【味わう】
森林は有機物の宝庫。
森林セラピー認定基地の中には、
木の実やキノコ、湧き水などを味わうことのできる森があります。
新鮮で力強い大地の滋味を口にし、心の充足感はもちろん、
体にもよい効能を享受することができます。
■参考:特定非営利活動法人 森林セラピーソサエティ サイトより
◆――――――――――――――――――――――――――――――――――◆
やはり、自然が基本ですね!
◆――――――――――――――――――――――――――――――――――◆
森の中でなくても
都会の中で、自然を感じることが多々ありますよね。
時間がなければ近くの公園でもいいし、河原でもいいし
ベランダに緑を植えるのも、水槽に水草を植えてメダカを買うのも
ある意味「森林セラピー」だと私は思います。
森に出かけなくても、ご自宅の中で出来る
自己流、小さな「森林セラピー基地」を増やしてみませんか?
★今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。★
★万象堂通販のショッピングページ★
桑の葉茶(熊本県産100%)から、馬油クリームなどなど品ぞろえ!

« »