桑の葉

かびる話、かびない話。

 

大雨が続きますが、

災害には十分お気をつけください。

 

さて、サラリーマン川柳、

今年も発表になりましたね。

 

その中の一句、

「ひどい妻 寝ている俺に ファブリーズ」

 

かび臭いのでしょうか、男たち…

 

と、いうことで、梅雨真っ盛りの昨今

定番のかびについて調べてみました。

 

◆――――――――――――――――――――◆

・そもそも「かび毒」とは?

◆――――――――――――――――――――◆

 

現在、300種類以上のかび毒(※)が知られていて、

農産物や食品を汚染しているそうです。

 

◆こうやって、かびは増えていく!

 

空気中など、どこにでもかびの「胞子」や「菌糸」が

ただよっています。

 

食べ物を栄養にしてどんどん増えて胞子を作ります。

いちばん好きな温度は20~30℃、湿度は80%以上。

 

(まさに、今、この時!です)

 

◆カビはどんな食べ物が好き?

 

パンやおもち、ケーキなどのお菓子など、

でんぷんや糖分を含んだ物が大好き!

 

種類により野菜や果物、お米や麦、

ピーナッツなど、どんな食べ物にも生えます。

 

※冷蔵庫でも増えます!

 

5℃くらいから増えるので、冷蔵庫でも食べ物を

長く入れすぎると、増えてきます。

 

◆カビにはどんな害があるの??

 

アレルギーや、食中毒、がんの原因になることも。

 

洗ったり加熱したりしても、カビ毒が残っている

おそれがあるので、カビの生えた食べ物は処分が必要。

 

※代表的なもので、トウモロコシや落花生、豆類などから

検出される「アフラトキシン」、リンゴ果汁の「パツリン」

小麦、大麦の「デオキシニバレノール」などがあります。

 

◆――――――――――――――――――――◆

・「かび」の対処法

◆――――――――――――――――――――◆

 

かびの繁殖には酸素が必要なので

基本、真空パックした食品には生えません。

 

一般にかび毒は熱に強く、加工・調理しても

毒性がほとんど減らないので、食品の保管の段階で

かびの発生や増殖を防止することが重要です。

 

家庭で出来るかび毒の害を避ける方法はズバリ、

 

かびが生えているものを食べないこと!

 

◆――――――――――――――――――――◆

・大手パン会社のパンが「かびない」理由

◆――――――――――――――――――――◆

 

以前ネットや書物で

大手某メーカーのパンが「かびない」のは

危険な添加物を使用しているからだとの記事がありました。

 

実はわたしも、その説を信じきっていました。

以前から「食べてはいけない」「食品の裏側」

 

…などと言う本を買いあさり、

 

“食品添加物、保存料はすべて悪!”

という暴論を信じ込んでいる時期がありました。

 

そういう本は、ひたすら発がん性があるとかないとか

ひたすら危機感をあおるわけですが、

 

書いてあることが事実でなかったり、

誤った資料や、公に認められていないデータがほとんどで、

しかし悲しいかな、素人はすっかり騙されてしまうのです。

 

大手のパンがなぜ、かびにくいか?端的に言うと、その原因は、

大手工場の優れた減菌工程と、品質管理の結果ということです。

 

手作りのパンが、かびやすいのだとしたら、

そのパン工場より、台所に雑菌がいるということなのです。

 

ですから、家庭で手作りのパンについたかびだから、

安全だと思い、かびの部分だけ取って食べるのは

 

更に危険ということになります。

 

要するに台所を清潔に!するのが一番安全策なのですね。

 

※詳しいいきさつは、科学的根拠に基づく食情報を提供する消費者団体

「フーコムネット」(FOOCOM.NET)のサイトでお調べ下さい。

(多幸之介先生の健康と食の講座|長村 洋一)

 

◆――――――――――――――――――――◆

・実は、日本食はかびと仲良し

◆――――――――――――――――――――◆

 

カビ君は日本では、なくてはならないものでもあります。

 

「カビ毒」を産生するかびがいる一方で、

私たちの身の回りには暮らしに有用なかびが数多く存在し、

私たちの国ではこれまで有効活用されてきました。

 

みそやしょうゆなどの発酵食品、みりんなど

これらの食品はかびの力によって生み出されるものです。

 

他にもかつお節、甘酒、

酵母や細菌類まで含めると日本酒、焼酎…

 

世界中でも類を見ないほどわが国は、

かびを最も上手に活用している国でもあるのですね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

・サラリーマン川柳、もう一句、

「沸きました 妻よりやさしい 風呂の声」

 

お風呂のかびにもご用心!

男性陣!指摘される前に、お風呂はすすんで洗いましょう!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

« »