桑の葉

しっかり食べても太らない食事法?

 

前回のメルマガにも書きましたが、

私にとってはダイエットの秋

 

ぽっこりお腹を引っ込めたく、

今度は登山を始めました。

 

登山用品店に行き、

カモがネギを背負ってきたような私は

あれもこれもと、道具一式を購入

 

ところがいざ登ろうとすると

雨続き…仕方なく自分の部屋で

こっそり登山用のヘルメットを

被りながら眠りに就く私です。

(そんな馬鹿な)

 

そして眠りながら見る夢は

しっかり食べて、

やせる方法はないかいな…

(なんと浅はかな…)

 

そうして嗅ぎつけたのが、

今回ご紹介する…

しっかり食べても太らない!

 

◆———————————-◆

「コンビニおでん」

ダイエット法なのです。

◆———————————-

 

冬場のコンビニの定番「おでん」。

あつあつ、ほくほくの具材が

レジの前で私たちを待ち受けています。

 

まず、カロリーを少ないものから

グループ分けしてみました。

(例 セブンイレブン)

 

◆低カロリーグループ

 

・昆布巻き 5kcal

・白滝 6 kcal

・こんにゃく 7 kcal

・大根 12 kcal

・玉こんにゃく 20 kcal

 

◆中カロリーグループ

 

・牛スジ串 47 kcal

・ロールキャベツ 41 kcal

・まる天 52 kcal

 

◆高カロリーグループ

 

・だし巻きたまご 63 kcal

・つくね串 65 kcal

・がんも 67 kcal

・ウインナー巻き 79kcal

・卵 83 kcal

・厚揚げ 107 kcal

・餅入り巾着 132 kcal

 

ちなみに、全部合わせて

786 kcal!

カロリーで比較すると、

幕ノ内弁当とほほ同じなのです。

 

他の弁当のカロリーは

1000 kcal程度あり、

菓子パン2個では

800から1000 kcalにもなります。

 

おでんは、たくさん食べても

しっかり低カロリー食なのです。

 

◆———————————-◆

低カロリーの具材は食物繊維も豊富!

◆———————————-◆

 

ダイエットをしていると

便秘も気になりますが、

 

こんにゃく、白滝、

昆布巻き、大根自体には

食物繊維が豊富に含まれています。

 

つまりこういう具材を

選んで食べれば腹持ちもいいし、

お通じにもいいというわけです。

 

また畑のお肉とも言われる

大豆の加工品として

がんも、厚揚げ、焼き豆腐もあり

 

たんぱく質もしっかりとれて、

低カロリーというわけです。

 

◆———————————-◆

「おでんダイエット」はリズムよく!

◆———————————-◆

 

おでんダイエットの基本は

1食置き換えダイエット。

 

1日3食のうち1食を

おでんに置き換えるだけです。

 

カロリーの低いものだけを

組み合わせて1食当たり

 

男性で300~400kal、

女性で200~300kcalを目安に、

そのおでんに、残り物の野菜も

併せて料理すれば更に

栄養価も高まります。

 

もちろん、

こんにゃくばかりでは栄養が偏り

揚げ物ばかりでは意外と

高カロリーになってしまうので

組み合わせに工夫して

取り組んでください。

 

また具材を食べる順番も、

大根、白滝など(食物繊維)

→牛スジ、練り物(タンパク質)

→餅入り巾着(炭水化物)

 

の順番で「食べ順」に気をつけると

血糖値も急に上がりにくく

ダイエットの効果も高くなります。

 

◆———————————-◆

「おでんの汁」は少なめに

◆———————————-◆

 

おでんの汁には旨みがぎっしり

しかし、塩分も多く含まれているので、

全部飲むのは要注意です。

 

◆———————————-◆

「おにぎり」も野菜茶漬けで

◆———————————-◆

 

コンビニのおにぎりの

カロリーは、

 

辛子明太子 167 kcal

紀州南高梅 164 kcal

日高昆布 164 kal

 

おでんに比べると、

カロリーは高めですが

 

もともと下味がついているので

三つ葉などの野菜を加えたりして

 

野菜とお茶でカサマシして

お茶漬けにして食べるのも

一案です。

 

※「おでん(だけ)ダイエット」は

長続きしないようです。

3食に1回といっても

流石に飽きがくるようです。

 

インターネットでクックパットなど

料理レシピの投稿サイトでは

 

コンビニのおでんをベースにした

レシピの提案が多く掲載されているので

そちらの情報を参考に、御料理されたら

いかがでしょうか。

 

南国熊本でも、寒さが増してきました。

こんな夜は、おでんが一番。

 

(ご注意)

 

男性陣の場合、奥様に説明もなしに

コンビニからおでんを山のように

買って帰るのは要注意です。(苦笑)

 

「おでんダイエット」に

取り組むのは今です。

真夏は無理なのでご承知おきを!

« »