桑の葉

その油、オメガ何系?

こんにちは

万象堂通販店長の竹田です。

 

さて、いよいよ春がやってきましたね。

事務所の近くの河原では、菜の花が満開

里山では、れんげの花がぼちぼち咲き始めました。

 

当社では現在、桑の葉茶が

主力商品となっているのですが、

 

販売で一番早かった商品は、蜂蜜で

熊本県産の蜂蜜を販売させていただいてから

もう10年近くになります。

 

糖質を気にする方に、桑の葉茶を勧めながら、

ネットの店舗では同時進行で

 

糖質の塊「蜂蜜」を販売するなんて

ものすごく矛盾しているのですが。

 

熊本の特産品を全国に販売するというのが、

当社のスタート地点なので

なにとぞ、ご理解ご容赦ください。

 

もちろん、私は現在

蜂蜜をほとんど、口にしていません!(汗)

(ヘモグロビンA1cがようやく6.5!)

 

 

しかし、年々、

蜂蜜は貴重な食品になってきました。

毎年、養蜂園の師匠は取れる蜜の減少に

頭を抱えています。

 

菜の花も、れんげも花は咲くのに、

蜜が入っていないのです。

 

巣箱の数も、巣箱を置く場所も、

手間ヒマも2倍かけて、

ようやく以前の収穫量と同じになるのです。

 

だからと言って、養蜂園の師匠は

海外産の蜂蜜を仕入れることは一切やりません。

 

熊本県産一筋、自分で「とったしこ」(取れた分)で

「ややこしかことは」はせんでよかという

肥後もっこす(ガンコ者)の一人なのでした。

 

近年、そんな地域の

「もっこす」ばかり集まって

いろんな取り組みが始まりました。

 

たとえば「菜の花プロジェクト」

 

地域の農家や商店との連携が始まり、

蜂蜜を採集するのはもちろん、

菜種油や、菜の花を肥料にした

お米やお酒の販売も始まりました。

 

自然の力はすごいのですね。

どこにでもある菜の花が、アイデァ次第で

いろんなものに大変身するのです。

 

今回はその菜の花油はもちろん、

今、話題のオイルについても調べてみました。

 

♪――――――――――――――♪

古来から愛されてきた菜種油

♪――――――――――――――♪

 

菜種(アブラナ)油の種を搾り作られるのが菜種油。

胃に留まる時間が短い、「オレイン酸」を多く含み、

 

胃もたれや胸やけを抑える効果があり、揚げ物とかの

お料理に向いています。クセがないので炒め物にも。

 

また、ビタミンKを多く含み、

カルシウムの吸収をサポートします。

 

…調べてみるに、

油にはいろんな種類があるものです。

 

♪――――――――――――――♪

話題のえごま油

♪――――――――――――――♪

 

「えごま」がシソ科の植物で「シソ油」

とも呼ばれています。シソ科特有の香りと

まろやかさがあり、和食にピッタリ。

 

高濃度のα-リノレン酸が含まれており、

花粉症などのアレルギー反応を抑える働きや、

生活習慣病のリスクも低減するようです。

 

※あくまでも食品の一つなので

過剰な期待や、摂りすぎは逆効果です!

 

他にも、あるわあるわ…

亜麻仁油に、ゴマ油、オリーブオイルに

紅花油、ココナッツオイルにコーンオイル、

大豆油に米油…

 

調べていくうちに油には、飽和脂肪酸や、

オメガ3系、オメガ6系、オメガ9系とあり、

 

(まるで電車の○系?)

 

田舎者の私は、次第に都会の地下鉄で

道に迷ったような錯覚に…

 

私の頭は大混線!

 

♪――――――――――――――♪

次回のメルマガで再度、交通整理(泣)

♪――――――――――――――♪

 

額に油汗…

 

次回メルマガで、再度、

油の系統の交通整理をして

油についての情報をお伝えしたいと思います。

 

申し訳ありません、

しばしお時間をください!

 

(現代人に必要な油は、オメガ3系だそうです!)

 

次回のメルマガに続く…

 

« »