桑の葉

その糖、どんな糖?

日頃は、桑の葉茶を魔法瓶に入れ

氷で冷やして飲んでいるわが身なれど、

暑さに負け、ついふらふらと、

コンビニに足を踏み入れ、

 

「今日くらいはいいか」と

コーラを手にする私であります。

 

いやいや、隣のサイダーもいいぞ、

ジンジャーエールも美味しそう。

 

もちろん糖分が気になる私ですが、

そのボトルの裏には、カロリーゼロとか

低糖とか…いろいろ書かれていて

 

ええい、どれがいいのかい!

 

店の迷惑顧みず、他の商品も

次から次へ手に取り、裏を見ると

 

糖質ゼロ…無糖…シュガーレス

低糖…微糖…甘さ控えめ

 

なんでこんな表示が多いのか!

 

と、いうことで

今回の伝言板では

「その糖、どんな糖?」を

テーマに調べてみました。

 

◆———————————-◆

表現の自由は、消費者の不自由

◆———————————-◆

 

甘さの表示には「栄養表示基準」という

定めがあり、消費者に誤解(?)

されないような説明を

義務つけられています。

 

逆に言えば、その基準に合えば

基本的な表現は自由だそうで、

 

その結果、こんなにたくさんの

表示が生まれたようです。

 

◆———————————-◆

「ゼロ」表示のルールとは

◆———————————-◆

 

・糖類について

 

「ゼロ」表示(無、レス、ノンなど)は

含有量が完全にゼロでなくても

100ml中に0.5グラム未満なら

表示可能(対象は砂糖だけでなく

他の糖類の含有値の合計)

 

・糖質について

 

糖質とは「炭水化物-食物繊維」の意味で

「ゼロ」表示は100ml中、

0.5グラム未満の場合表現可能

 

◆———————————-◆

「低」表示のルールとは

◆———————————-◆

 

・糖類について

 

「低」表示(オフ、控えめ、少、ライト、

ダイエットなど)は

100ml中に2.5グラム未満なら

表示可能(対象は砂糖だけでなく他の糖類の合計)

 

・糖質について

 

糖質とは「炭水化物-食物繊維」の意味で

「低」表示は100gまたは100ml中

2.5グラム未満の場合表現可能

 

【砂糖不使用】

 

製造工程で砂糖を不使用の意味。

野菜や果物などの原材料に

砂糖分が含まれていても

「使用しているわけではない」ので、

不使用の表現可能

 

【砂糖無添加】

 

砂糖を添加していないだけで、

ブドウ糖や果糖が

添加されていても表現可能

 

◆———————————-◆

あくまでも100ml当たりの数値

◆———————————-◆

 

要するに、

500mlのペットボトルであれば、

 

5倍の糖質が含まれていることであり、

飲みすぎにはご注意というわけです。

 

何にしても、あえて飲むなら

「ゼロ表示」の飲み物の方が

無難というわけですが。

 

通常のコーラなら、

100mlで糖質11.3g…

 

ゼロ表示のコーラの

約22倍ですから…

 

◆———————————-◆

甘味料は対象外

◆———————————-◆

 

成分表示の中で

キシリトール、エリスリトールなどは

「糖アルコール」という甘味料で、

含有量の規制外となります。

 

つまり糖類を減らした分、

甘味料で甘さを

補てんしているわけです。

(通常の摂取量ではもちろん無害)

 

◆———————————-◆

 

結局、私が選んだのは

「午後の美味しい紅茶 無糖」

でありました。

 

さんざん、迷ったあげく、

振り向くと、店員の冷ややかな視線

 

この暑いさなかに、

飲料コーナーの前でどれを選ぶか、

ボトルをいちいち手にとり裏返す、

中年の暑苦しい男、一人…

 

罪滅ぼしに(何が!)

アメリカンドックを

ついで買いする

馬鹿な私でした。

 

そうです、注意すべきは

飲み物の糖分ではなく

 

一緒に食べる、菓子類などの

糖分、塩分なのです!

 

※セブンイレブンのアメリカンドック

熱量:312kcal、脂質:15.0g、

炭水化物:39.7g、塩分:567mg

 

皆様、食べ過ぎにお気を付けください!

« »