桑の葉

やはり塩分摂りすぎ!

健康診断の

結果が出ました。(汗)

 

前回のメルマガで、田舎に住む私は、

健康診断の時間に間に合う為に、

朝6時に家を出て、最悪の体調で

検査に臨んだ…と書きましたが、

(そんなの言い訳)

 

日赤さんから結果が出て、

ずばり、F判定でした!

これはひどい!

 

ABC…という

順番の最低ランクのF!

こんなはずでは!

 

申し訳ありません!

健康茶を販売している私が

猛烈に不健康でした!

 

これまで、検査では

(ある程度)基準値を

クリアしていたのですが、

 

最近自分でも不摂生かなと

思いながらも、自分に

ご褒美ばかり与えていたのが

この結果でした!

 

悔し涙は塩辛いです!

と、いうことで

今回のテーマは塩辛い話、

塩分摂りすぎの話です。

 

◆———————————-◆

タバコの次に塩分に注意!

◆———————————-◆

 

国際連合は生活習慣病対策に

世界がとるべき

5つのアクションを発表

を発表しました(2011)

 

1 たばこ

2 塩分

3 肥満・不健康な食事、運動不足

4 有害飲酒

5 心血管系のリスクの低下

 

塩分ってタバコの次に

要注意なんですね。

 

国連曰く、マスコミや

企業が食塩の消費を抑える

キャンペーンを全世界的に

しなさい!とのことです。

 

◆———————————-◆

体にやさしい摂取量は

1日5グラムから6グラム

◆———————————-◆

 

これまで「塩」は

健康にとって悪者ではなく、

味を引き立て、食品を腐敗から守る

天然の防腐剤でもありました。

 

今や冷凍、冷蔵技術の普及で、

ほぼその役割は終了したのです。

 

一日の塩分の摂取量の理想は

5グラムから6グラム以下

 

日本人の平均値は

10.2グラムということで、

(男性11.1グラム、女性9.4グラム)

理想とかけ離れているのが

現状です。

 

塩分の摂りすぎは万病の元!

様々な生活習慣病の

引き金となります。

 

(健康診断ランクFの

私が言うのもなんですが)

 

◆———————————-◆

塩分の多い食事とは?

◆———————————-◆

 

カップ麺  5.5グラム

きつねうどん 5.3グラム

天丼 4.1グラム

カレーライス 3.3グラム

 

梅干し 1個 2グラム

味噌汁 1杯 1.5グラム

 

大好物の天丼を食べ、

味噌汁をお代わりし、

梅干しや漬物をポリポリしたら、

 

1食で1日の塩分の摂取量は

はるかにに超えている状態ですね。

 

※国のデータによれば、

日本人の塩分の摂取量は

25年前に比べ、1日当たり

14グラムから10グラムと

かなり減ったようですが、

 

高齢化でエネルギーの

摂取量も同時に減っていて

塩味の濃さからすれば

減塩は進んでいないのが

現状のようです。

 

◆———————————-◆

減塩法ベスト8

◆———————————-◆

 

1 新鮮な食材を生かし薄味に

2 ハーブ、スパイス果物の酸味を利用

3 低塩の調味料を使用

4 味噌汁は具沢山にして減塩

5 外食、加工品の塩分に注意

6 漬物も塩分控えめに

7 味を確認して調味料は使用

8 麺類のつゆは残す!

 

…本当に「食」というのは

健康の基本なんですよね。

 

(健康診断ランクFの

暴飲暴食の私が言うのも…)

 

◆———————————-◆

減塩より節塩人生を!

◆———————————-◆

 

加齢とともに、血圧は上がります。

 

1日当たり7グラムの食事で30年間と

14グラムで30年間を比較した場合、

 

14グラムの場合、50歳で血圧は

140を超え、65歳で150となり

高血圧となります。

 

7グラムの場合、65歳で

血圧140の安全圏内

 

「生活習慣病」とはこのことで、

一生で食塩を何キログラム

食べたかで、結果が出るようです。

 

つまり減塩より、

一生かけて節塩する方が

基本、長生きというわけです。

 

僕の人生、健康に

間に合うのでしょうか…

 

(連休にはプールに行き、

全てを取り戻す予定の私です。)

皆様もぜひ、節塩と運動を!

 

今回も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

« »