桑の葉

夏だからこそ、お風呂!

私の住む家には大きな特徴(?)が

ありまして、我が家は昔から猫が

寄ってくる家なのです。

 

これまで迷い猫、捨て猫の群れが

ぞくぞくとやってきて、一時、

大変な時期がありました。

 

今は、何とか3匹で収まっていますが

その中の一匹が、長毛のアンゴラ種で

名前は「チャーリー」(全身茶色なので)

 

真夏の今、彼を見ているだけでも

毛がモワモワとして暑いのです。

 

彼もたまらないらしく

シャワーに入るとやってきて、

時々洗ってあげています。

 

汗をいっぱいかく夏…

実際はシャワーよりも入浴の方が

健康には良いとのことですが

 

チャーリーのためにも(まさか)

実際のところどうなのか。

今回、ちょっと調べてみました。

 

◆———————————-◆

夏こそ入浴!

◆———————————-◆

 

外は猛暑、室内は過冷房…

そんな状況が続くと、

体の自律神経が乱れ、体調を崩し

夏バテの原因になります。

 

そんな夏の季節こそ、

入浴が自律神経を整え、

夏の健康維持に

役に立つというわけです。

 

◆入浴でリラックス

 

入浴により、3つの物理作用

「温熱」「水圧」「浮力」が

効果的に働き、夏の疲れ、

冷え、ストレスの

解消につながります。

 

入浴すると水圧が

体全体にかかり、呼吸数が増え

心臓の働きも活発になり

全身の血行が良くなります。

 

また水中では体を軽く感じて、

だるさも軽減、心身ともに

リラックス出来るわけです。

 

◆足のむくみには温水&冷水シャワー

立ち仕事や冷房のために脚が疲れたり、

むくんだりしたときは、

ふくらはぎへシャワーをあてましょう。

 

ふくらはぎの内側に温水を1分、

外側に冷水を3~5秒ほど交互にかけると、

血流が良くなりむくみがとれやすくなります。

 

◆匂いも防ぐ働きもあり

 

汗の99%は水分でほぼ無臭。

匂いは、肌の細菌が

汗を分解する時に発生します。

細菌は皮脂や古い角質、

汚れを餌に増殖するのです。

 

皮脂は熱に弱いので、

シャワーの浴びすぎや、

目の細かいスポンジでこするより、

湯船でじわじわと、浮き上がらせて

取り除くほうが有効。

 

入浴を習慣化すれば、

汗腺の機能が高まり、

「サラサラ」の匂いが

発生しない汗に

変化するそうです。

 

◆———————————-◆

夏の入浴法

◆———————————-◆

 

ややぬるめがお勧めで、

39度前後のお湯に10分程度

つかるのが効果的

 

心臓から出た血液が

体内を1周するのに約1分。

10分入ると10周程度、

血液を巡らすことができます。

 

湯船に入って汗が出るまでに

6~7分必要なので、

それより少し長めという点でも、

10分程度がおすすめだそうです。

 

◆———————————-◆

安眠効果

◆———————————-◆

 

お休み前、

1時間半か2時間前の入浴で

安眠効果が高まります。

 

眠気は体温の変化と

密接に関わりがあり、

体温が下がると

自然な眠気が訪れます。

 

お風呂で温まり

少し体温を上げると、

そのあと体温が下がる。

 

この変化で心地よい、

深い眠りが得られるようです。

 

◆———————————-◆

入浴後には水分補給を

◆———————————-◆

 

熱めのお風呂に15分入ると、

500ミリリットルの汗が出ます。

 

入浴前にコップ1杯の水を。

更に、お風呂上がりにもコップ1杯。

 

きちんと水分補給すれば、

汗をたっぷりかいても

脱水予防になります。

 

◆———————————-◆

入浴剤も効果あり

◆———————————-◆

 

入浴の効果を高める入浴剤も

いろいろなタイプが出ています。

 

「温浴効果」「清浄効果」

色や香りを楽しむ「リラックス効果」など

各種特徴がありお好みでお選びください。

 

◆固形タイプ

炭酸ガスが発生し血行を良くする特徴

 

◆粉末タイプ

重曹、硫酸ナトリウムなどが主な成分

重曹は肌の汚れを落とし、

硫酸ナトリウムは保湿効果

 

◆液体タイプ

スキンケアに向いていて、

保湿効果があります。

 

◆———————————-◆

 

「夏はシャワーだけ」と

思っていましたが、

夏の疲れをリセットするには、

入浴が効果的のようです。

 

私も今晩はお風呂に入るつもりです。

お風呂で「夏バテ」予防ですね!

 

※入浴剤の詳細については、

日本浴用剤工業会のサイトを

ご参考ください。

 

◆———————————-◆

 

ちなみに残り2匹の猫の名は

 

キジ猫の「寛太」

(寺内貫太郎さんそっくり)

 

白地に線模様の「小弾(こだま)」

(弾丸のように走ります)

 

お盆前で、当社も忙しい日々ですが、

不器用な我ら、仕事は中々はかどりません…

 

猫の手を借りたいとは

このことですが。(苦笑)

« »