桑の葉

夏バテ対策に牛乳?

毎日毎日、毎年毎年

今の時期に口から出る言葉は

「今年の夏は暑い!」です。

 

この暑さで体調管理も大変、

今回は定番の「夏バテ」について

調べてみました。

 

◆———————————-◆

そもそも「夏バテ」とは?

◆———————————-◆

 

「夏バテ」とは、医学的な用語ではなく、

体調不良の総称のことです。

 

自覚症状としては、

「疲れがとれない」「食欲不振」

「不眠」などがあげられます。

 

◆原因として、

 

【冷房】

 

・冷える → 血行不良、免疫力低下

・室内外の温度差 → 自律神経の乱れ、体のだるさ

・冷房で汗をかけない → 体内に熱がこもる、脱水

 

【暑さ】

 

・夜眠れない → 睡眠不足、疲れが取れない

・ビールや炭酸飲料など、冷たいものの飲みすぎ

→ 消化器官の機能低下、食欲不振

 

要するに冷えすぎても、暑すぎても

体には良くないわけですね。

 

◆夏バテ予防のポイントは

 

「バランスの良い食生活」「水分補給」

「睡眠」「適度な運動」です。

 

◆———————————-◆

ビタミンB群がおすすめ!

◆———————————-◆

 

そうめんなど冷たく

さっぱりとした炭水化物だけの

メニューになりがちですが、

それでは栄養不足。

 

疲労回復効果のある

ビタミンB群の食材をメニューに入れて

スタミナをつけましょう。

 

【ビタミンB群】

 

豚肉、レバー、まぐろ、

かつお、うなぎ、大豆製品

 

※にんにくやネギなど、

アリシンを含む食材と一緒に食べると

 

ビタミンB群の吸収が

良くなるそうです。

 

【旬の夏野菜で栄養補給】

 

夏の太陽を浴びたトマト、カボチャ

ピーマンなどの夏野菜は

 

カロテン、ビタミン、カリウムなどの

ミネラルも豊富です。

旬の野菜で元気回復!

 

◆———————————-◆

夏バテに負けない体作りを!

◆———————————-◆

 

人間は汗をかくことで、

温度調節をしているので、

(温度レバーがあるわけでなく)

 

汗をかく能力を高めることが

「夏バテ」の予防になります。

 

軽く汗ばむウォーキングや

軽いジョギングなどを

約15〜20分ほど行うと、

汗腺が開いて汗をかきやすくなります。

 

汗をたくさんかいたときは、

水分補給をしっかりと。

 

※真夏の炎天下で運動するのは

危険です。気温が低く、日差しも

弱めの早朝や夕方以降に

行いましょう。

 

◆「熱中症」「夏バテ」に牛乳?

 

NHKの「ためしてガッテン」の

過去の放送で「熱中症」には「牛乳」が

効果的と紹介されていたそうですが、

 

水分補給の意味ではなく、

熱中症に負けない体を作る意味で

「牛乳」がおすすめとの事でした。

 

運動後に「たんぱく質」が豊富な牛乳を

運動後(30分以内)に約300CC飲むと、

 

血液量が増加し、そのことで

発汗作用が促され、体温調節のしやすい

体作りに役立つそうです。

 

◆———————————-◆

ペットも夏バテ?

◆———————————-◆

 

犬にも猫にも、「夏バテ」はあります。

(真夏に毛皮をまとう彼らも大変です)

 

◆夏バテ、チエックポイント

 

【ワンちゃん編】

 

・犬の背中の肌を指でつまんで、

元の状態にまで時間がかかる。

 

・目や口が乾いて、目が落ちくぼんでいる

・おしっこが出ない。

 

【猫ちゃん編】

 

・ハーハーと息づかいが荒く、

いつもより体温が高い場合。

 

上記のような症状が出たら、

濡れタオルで全身を包み、体温を下げ病院へ!

 

※夏場は、ウエットフードで水分補給を。

ウェットフードは通常、水分量が80~90%

 

これをドライフードにトッピングすることで、

より多くの水分を摂取することができます。

夏バテ時の食欲増進も期待できます。

 

◆———————————-◆

 

熊本のような自然に囲まれた田舎でも

日々、熱波が吹いています。

 

正直、都会にお暮しの方は、

ジョギング、ウォーキングどころか、

外に出るだけでも大変ではないでしょうか。

 

まず、体を動かすことのキッカケ作りから

始めるとすれば、水中浴がおすすめです。

 

体の負担も少なく、涼しく

気分転換にもなります!ぜひ、お試しを。

 

※ポッコリお腹の私も、水中では

恥ずかしくないので、持続中です(苦笑)

« »