桑の葉

夜食を食べても太らない対策!

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

さて年末年始、

皆様いかが過ごされましたか?

忘年会、新年会、お節に外食…

ちょっと食べすぎ…と思いつつも

 

更に、夜食まで食べて

お腹いっぱい、翌朝早速太る…

経験はありませんか?

(つまり私の事です)

 

夜食が太る理由としては

摂取したカロリーを

消化出来ないのが原因ですが、

 

「ビーマル1」という

タンパク質の存在も重要とか。

(アニメのヒーローの名前のよう)

 

まだあまり聞きなれない

「ビーマル1」ですが、

体内時計をコントロールし、

脂肪をため込む働きをするそうです。

 

その分泌量は時間によって変動

するそうで、最大となるのが

22時頃から深夜2時頃まで!

 

そのため夜遅い食事は

太りやすくなるそうです。

 

そこで、ビーマル1対策!

ちょっと 気にかけていただくだけで

効果ありです! ぜひお読みください!

 

◆———————————-◆

夜食を食べても太らない方法

◆———————————-◆

 

◆その1

 

・夕方までに軽いおやつを摂りましょう。

 

朝食から夕食までの時間が空くと

体は脂肪を溜め込みやすくなります。

 

夕食が9時以降になりそうな時は

脂肪を蓄積しにくい夕方6時までに

間食を摂りましょう。

 

おにぎり、麺類などの炭水化物は控えめ

夕食を2回に分けるイメージがベストです。

 

◆その2

 

・よく噛んで30分以上かけて食べる

 

噛むことによって脳に指令が伝わり、

神経ヒスタミンが出ます。

 

この物質は、食欲を抑えたり、

体脂肪を分解する効果があります。

 

また、満腹サインを脳に送る

「レプチン」というホルモンは

食事開始30分後から出始めるので、

 

ゆっくり食事をすることは

食べ過ぎの防止にもなります。

 

◆その3

 

・三つの「あ」にご用心

 

頭文字が「あ」の「アルコール」

「脂っこいもの」「甘いもの」は、

いずれも摂りすぎると肥満の元に。

 

夜9時過ぎたらできれば

摂らないのが得策ですが、

 

せめて、アルコールを飲んだら揚げ物は控えめに、

甘いものは翌日に回すなど、

3つの「あ」を重ねないようにしましょう。

 

◆その4

 

・炭水化物は控えめに、味は薄味で

 

貴重なエネルギー源のたんぱく質ですが、

夜、食べた後は寝るだけの場合は、

 

そのエネルギーは使い切れずに余り、

脂肪として蓄えられます。

 

夜9時以降に食べるなら、

炭水化物は抜くか控えめに!

 

また、味の濃いおかずは

ごはんが進むだけでなく、

むくみの原因にも。

 

塩分控えめでしょうゆやソースはかけずに

小皿にとってつけて食べましょう。

 

◆その5

 

・朝食は抜かないように!

 

夕食が遅いからといって朝食を抜くのは禁物。

「ビーマル1」は朝食を抜くと、増加して

 

さらに脂肪を溜め込みやすくなります。

夕食が遅くなっても朝食は

少しでも摂るようにしましょう。

 

◆———————————-◆

 

コレステロール、血糖値も

午後8時以降は上昇しやすいようです。

 

ビーマル1を意識することが

「太りにくい」夜食対策になるようです。

 

健康的な食生活は…

食事は何を食べたか?(質)

どれだけ食べたか?(量)

何時に食べたか?(時間)に影響されます。

 

今年一年、

皆様が健康でありますよう祈念して

第一回目の健康伝言板を

お送りしました。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

◆———————————-◆

 

この原稿は箱根駅伝を

テレビで見ながら書きました。

 

私の左腕には、年末に買った

ランニング用の腕時計が(苦笑)

 

2年いや…3年後に(ハーフ)

マラソンに挑戦すると新年、

家族に宣言した私でありました。

 

◆———————————-◆

« »