桑の葉

梅干しに、糖分を抑える効果あり?

近所の庭の紫陽花もきれいに咲きました。

九州はいよいよ梅雨に入りました。

これから約1ヶ月半…雨の日が続きます。

 

春夏秋冬、プラス梅雨

日本には正確には四季ではなく、

五季あるようですね。

 

この健康伝言板も、まる2年書き続けてきましたが、

いよいよ「ネタ」切れ、最近は2週間に1回の配信となっております。

 

さて今回のネタは何にしょうかと、

逆立ちして思い悩んでいると、ネタの逆は、タネ…

 

タネと言えば、(タキイではなく)梅干しと思いつき

梅干しと言えば、6月!という安直な発想で調べてみますと、

 

なんと幸運な!最近の研究で、

「梅に糖分を抑える効果がある」という記事に出くわしました。

 

調べれば調べるほど、すごい梅干しの世界!

…と、いうことで、今回は梅干しの効用について

ちょっとご紹介してみます!

 

◆――――――――――――――――――――◆

・伝統的な健康食品「梅干し」

◆――――――――――――――――――――◆

 

ネットで調べるに、

 

日本有数の梅干しの産地、和歌山では

梅干しの加工会社が集まり、

産学連携で「紀州梅効能研究会」なるものを設立、

 

梅干しの効能について、

インターネットなどで情報発信をされていました。

 

そのサポートメンバーには、

和歌山県立医科大学の准教授、別名「梅干し博士」なる方から

全国各地の大学の研究室も参加して、梅の効能についての

科学的なデータも提供されています。

 

◆――――――――――――――――――――◆

・梅に含まれる「健康効果」はすごい!

◆――――――――――――――――――――◆

 

…で、そのサイトを見ると、あるわ、あるわ梅効果!

 

・インフルエンザ予防

 

梅にインフルエンザウイルスの増殖を抑制する、

新規機能性化合物を発見!

 

・胃がん予防

 

梅の中に、胃に障害を及ぼすピロリ菌などの運動を抑える

効果のある物質が含まれていることを発見!

 

・食中毒予防

 

梅干しには「黄色ブドウ球菌」や「病原性大腸菌」といった

食中毒菌の増殖を抑える作用があり!

 

・血液浄化作用

 

梅干しに含まれるクエン酸は、ドロドロ血液の原因である

酸性を中和させ、血液をサラサラにする働きが!

 

・疲労回復効果

 

梅干に含まれる「クエン酸」には、

疲れの原因となる乳酸を抑える働きがあり!

 

また梅の酸味が体内の消化器官を刺激し、

だ液など消化酵素の分泌を促し、食欲を増進させます。

 

(他にも盛りだくさんの効果効能!)

 

◆――――――――――――――――――――◆

・そして、糖尿病予防にも梅!

◆――――――――――――――――――――◆

 

梅の中には、血糖値の上昇、肥満のもとになる

糖分を、体内に吸収させる酵素(α-グルコシダーゼ)の

働きをじゃまする成分があります。

 

※この成分は「α-グルコシダーゼ阻害剤」として

特許を取得されました。

 

◆――――――――――――――――――――◆

・梅干しは一日何個まで?

◆――――――――――――――――――――◆

 

しかし…しかしです、

いくら梅の成分に効能があったとしても、

 

梅本体にその効能を求めるのであれば、

毎日毎日、とんでもない数の梅干し、

梅製品を食べねばならず、

 

有効成分を集めた梅エキスを抽出するとか、

今後の研究に期待したいものです。

 

それで、逆に気になるのが、梅干しの塩分

1粒当たりの塩分を調べてみるに…

(※減塩ネットより引用)

 

・昔ながらの梅干し ⇒ 約4.7g

・あっさり味    ⇒ 約1.8g

・はちみつ梅干し  ⇒ 約1.4g

・紀州 南高梅    ⇒ 約1.7g

・減塩梅干し          ⇒ 約0.2g

 

◆――――――――――――――――――――◆

・一日の食塩摂取 目標量は?

◆――――――――――――――――――――◆

 

厚生労働省が定めた1日当たりの塩分の基準値は

※「日本人の食事摂取基準」(2010年版)

 

男性 9.0g未満  女性 7.5g未満

 

※高血圧の治療を要する人(6g以下)

※腎臓疾患者の場合(3~6g以内)

ということで…(汗をかき、塩分補給も大事!)

あっさり味の梅干しを1日2~3個くらい食べて、

ジメジメした梅雨の時期もすっきり、さっぱり

毎日を健康に過ごして行きたいものです。

 

・追伸

 

梅の里、和歌山県みなべ町には、その名もズバリ、「うめ課」があり、

今年2月には「梅干しおにぎり」を握る人数での世界記録で

ギネス世界記録に認定されました。(記録数428名)

今後も梅にまつわる、広報、イベント活動を企画されているようです。

« »