桑の葉

気になるキノコの効用と紅葉

今年の春から私は

健康作りを目的に山登りを始めました。

熊本の山地では有名な阿蘇がありますが、

 

私が目指すのは知る人ぞ知る、

九州の秘境、五家荘(ごかのしょう)という

平家の落人伝説に包まれた山地です。

 

そこには深山の景色と四季折々の花々が

私の目を楽しませてくれます。

 

福寿草、カタクリ、クリン草

(猛毒の)トリカブトの花…

 

そして名も知らないキノコ君たちも

苔むした木々から顔を出しています。

もちろん食べてみたいのは山々(シャレ)

ですが、毒キノコの可能性もあり、

 

今回はまっとうな市場に出回る

キノコの健康情報に

ついて調べて見ました。

 

◆———————————-◆

知られざるキノコパワー!

◆———————————-◆

 

低カロリーでミネラル、ビタミン、

食物繊維が豊富なキノコです。

 

◆キノコの主要な栄養素

 

【ビタミンD】

 

筋肉を強くする働きがあります。

又、カルシウムの吸収を助け

骨や歯を丈夫にします。

脂溶性ビタミンなので

油と一緒に取ると吸収率が高まります。

 

【食物繊維】

 

特に不溶性食物繊維が豊富で

便秘のお悩みに効果的です!

更にコレステロールを調整し

高血圧予防にも役立ちます。

 

【低カロリー】

 

カロリーゼロではありませんが、

生のきのこで、100g当たり

約10~20kcalで、やはり

低カロリーです。

 

◆———————————-◆

キノコごとの特徴

◆———————————-◆

 

【しいたけ】

 

ビタミンDを豊富に含んでいます。

抗ウイルス性物質βグルカンや、

老化予防効果のあるグルタミン酸も豊富

 

【まいたけ】

 

抗ウイルス性物質βグルカンが特に豊富

ビタミンDも豊富

 

【えのきたけ】【なめこ】

 

ギャバという成分が豊富。

血圧や神経の安定に役立ちます。

疲労回復に効果のあるビタミンB1の

含有量がキノコの中でも多く含んでいます。

 

【しめじ】

 

ビタミンD、ビタミンB1・B2、

ナイアシン、必須アミノ酸、リジンも豊富

 

【エリンギ】

 

食物繊維が特に豊富で

生活習慣病の予防にも。

カリウム、ビタミンB2も豊富。

高血圧の予防にも効果的。

 

◆———————————-◆

キノコは生で食べたら全部、毒!

◆———————————-◆

 

キノコは普段、朽木や落ち葉の中に

菌として生きています。

子孫を増やす時に地上にキノコを作り、

そこから胞子をまくのです。

 

菌は強力な消化酵素を持ち、

朽ち木やそこに住む生物を溶かして

栄養を吸収しているので、

その強力な酵素が人間にとつては毒との事。

 

但し、酵素はタンパク質なので

熱を加えると性質が変わり、

無毒になります。

 

(高校時代、山で取ってきた

サルノコシカケを生でかじり

とんでもない目にあった経験あり)

 

◆———————————-◆

エノキ氷とは?

◆———————————-◆

 

ラジオをたまたま聞いていたら、

「キノコ・マイスター」の方が

出ていて、その方が発案された

「エノキ氷」の事を話されていました。

 

エノキタケをミキサーでペースト状にし、

煮だして凍らせたものだそうです。

氷を作るトレーに入れ、取り出しやすく

凍らすと長期保存が出来、

どんな料理にも使えて便利だそうです。

 

健康効果としては、生活習慣病の予防や、

コレステロールを下げる傾向があるそうです。

 

【作り方】

エノキタケ300g(2食分)に

水400ミリリットル。

 

エノキタケを3分の1にカットし水を加え

ミキサーでペースト状にする。

 

鍋にかけて沸騰させ、煮立ったら

弱火にして1時間ほど煮詰める。

 

煮詰まったら、火からおろし

冷まして凍らせて完成。

 

カレーに味噌汁、煮物に。

ジュースにも合うそうです。

 

自然の食材を、自然のまま

加工するのは

中々よいアイデァだなぁと思います。

 

氷菓「ガリガリ君のエノキ味」

として売れば大ヒットの予感(嘘)

 

◆———————————-◆
食欲の秋、食べ過ぎには注意しながらも

旬の味を味わいたいものです。

 

(山で売ってる、原木のシイタケ…

これはめちゃくちゃ美味ですよ!)

◆———————————-◆

« »