桑の葉

聞くに聞けない、紫外線の話

木々の緑もあざやかに、頬をなでる風も心地よく
一年で一番過ごしやすい季節になりました。
いかがお過ごしでしょうか?

 

実は私の自宅が(…いや、住んでいる地域が)
今話題のユネスコの「明治日本の産業革命遺産」
の候補地に選定されまして、(※熊本県宇城市三角町西港)
連休中は観光客の皆様で、これまで以上に賑わいを見せておりました。

 

我が家では、2階のベランダで猫を7匹前後飼っていまして、
昨日はいたずらの過ぎるオス猫のお尻を叩きながら、
ひょいと抱え上げた時に、ちょうど観光客の人と目が合い、

 

「動物虐待?」という嫌疑がかけられたのではないかと
少し気になる私です。

 

このまま、夏に正式決定となると
更に、観光客の増加が見込まれるのですが、

しかしです、世界遺産へ行こうとも、

 

どこに行かれるにしても、これからの季節、

「紫外線が一番強い時期」となるのはご存じでしょうか?

 

…と、いうことで

 

今回は聞くに聞けない
「紫外線」の話を調べてみました。

 

◆――――――――――――――――――――◆
そもそも紫外線とは?
◆――――――――――――――――――――◆

 

太陽からの光は、波長により
「赤外線」「可視光線」「紫外線」に分けられます。

 

フロン等によりオゾン層が破壊されると、
地上において生物に有害な紫外線が増加し、
悪影響が増加することが心配されています。

 

●紫外線は何故悪い?

 

紫外線が肌に当たると、肌の表皮で活性酸素が出来、
細胞や組織を酸化させ、変質させてしまう。

皮膚が炎症で赤くなり、表皮の細胞が
メラニン色素を作り肌が黒くなる。

これが続くと肌の老化、しわ、ほくろ、
ひどい時は皮膚ガンの原因となるようです。

 

◆――――――――――――――――――――◆
紫外線の強い時期、時間帯は?
◆――――――――――――――――――――◆

 

・5月から8月にかけて紫外線が一番強い時期
・時間帯は11時~正午頃が最多です。
・快晴に比べ、曇りは約60%、雨で約30%の量

 

◆――――――――――――――――――――◆
ネットで紫外線チエック!
◆――――――――――――――――――――◆

 

気象庁が随時、日本全国の紫外線分布図を公開中です!
地域、時間で差があります。お出かけ前に要チエックです。

気象庁・紫外線情報分布図:全国

 

全国の紫外線の強度が5段階に色分され一目瞭然!

 

・弱い  ⇒ 安心して戸外で過ごせます。
・中程度・強い ⇒ 日中はできるだけ日陰を利用しましょう。
・非常に強い・極端に強い⇒日中の外出は出来るだけ控えましょう

 

年間の紫外線の量は那覇が札幌の約2倍!
地域差もあるのですが、特に夏前後の沖縄の日中は
極端に強いという表示が出ますので、特に用心です。

 

◆――――――――――――――――――――◆
日焼け止めの選び方は、目的に合わせて
◆――――――――――――――――――――◆

 

日焼け止めの商品説明で、その効果の度合いが
「SPF」「PA」等の記号で表示されています。

ご自分のお肌の調子、散歩や買い物、屋外での運動、
炎天下のレジャーなど目的に合わせて使い分けをしましょう。

 

紫外線には波長が長く皮膚の深くまで届くA波
波長が短くエネルギーが大きいB波があり、

 

●「PA」とは、A波を防止する効果の強さを+の数で示したもので、
プラスの数は1個から3個まであり、3個が最も強力です。

 

●「SPF」とは、B波を防止する効果の強さを数字で示したもので、
数が大きいほど強力になります。

 

強いものは肌に負担をかけるので、普段のお出かけは
「PA+~++」「SPF15」程度のもので十分と言われています。

 

※水泳や汗をかくスポーツには「耐水性」がお勧めです。
いずれにしろ、2~3時間おきに塗りなおすことが効果的です。

 

◆――――――――――――――――――――◆
赤ちゃん、子どもの紫外線対策
◆――――――――――――――――――――◆

 

赤ちゃんの健康の為にも必要とされていた日光浴。
母子健康手帳から(1998年~)「日光浴」を勧める
記述が消え「外気浴」という表示に変わりました。

 

日光浴が健康に良いとされる理由は、
紫外線が体の中でビタミンDをつくるのを助ける
働きがある為でしたが、

 

最近では、食事から必要なビタミンDを摂取することが
可能で、逆に紫外線による悪影響の方が心配と言う判断です。

 

「外気浴」も大切ですが、赤ちゃんの散歩は、
直接日光を浴びすぎないようにし、紫外線の強まる時間を避け
出来るだけ朝夕の時間帯にするのがいいようです。

 

◆――――――――――――――――――――◆
人生で浴びる紫外線の80%は18歳までに浴びる?
◆――――――――――――――――――――◆

 

日本よりも紫外線の研究対策が進んでいるアメリカの報告では、
人生で浴びる紫外線の80%は18歳までに浴びるという事で、
紫外線防止は幼児から始めて、生涯続けるべきと勧められています。

 

紫外線から地球・人類を守ってくれるオゾン層の破壊の原因は
人類の発明…フロンガスの増加…

 

便利な生活と引き換えに、
今度は、紫外線対策の不便さを手に入れた我が人類です。(苦笑)

 

「世界産業遺産」というのも、ある意味、皮肉なものであります。

 

ところで、
結構毛だらけの猫たちには、紫外線対策というのは不要で、

 

もはや昼に出歩くのは、
人よりも猫の方が多くなりそうな我が町でありました。

 

(猫をかぶっている方も、大丈夫…)

 

◆――――――――――――――――――――◆

★万象堂通販のショッピングページ★
桑の葉茶(熊本県産100%)から、馬油クリームなどなど品ぞろえ!

◆――――――――――――――――――――◆

« »