桑の葉

苦くて、甘―い!ゴーヤの効能

こんにちは、店長の竹田です。

 

今年の夏は暑すぎますね。

気温はゆうに36度を超え、

熊本では“体温越え”の毎日です。

 

そもそも、最近よく耳にする

“体温越え”という言葉自体が暑苦しく、

 

テレビで、天気予報士さんが、

赤く染まる日本列島の地図を前に、

“体温越え”というたびに、

自分の体温が 更に上がったような

気がするのは僕だけでしょうか。

 

◆□・□・□・□・□・□・□・□・◆

「苦くて、甘―い!ゴーヤの効能」

◆□・□・□・□・□・□・□・□・◆

 

私が毎回楽しみにしている、

NHKラジオの 夏休みこども科学電話相談…

 

ある日、子供達からこんな質問がありました。

 

「何故、ゴーヤは苦いのですか?」 先生曰く、

 

「その苦みに栄養成分が入っているからや」

(まいどユニークな関西弁…甲南大学、田中教授)

 

ついでに言うとなあ、

「ゴーヤは熟するとゼリーのようになって、 甘くておいしいでぇ~」

 

ゴーヤが甘い?

 

… 確かにネットで調べると、

熟したゴーヤは、緑がオレンジ色に変わり、

中は真っ赤で、ゼリー状になっています。

 

味もほのかな苦みを残しつつ

甘くてとても美味だそうです。

 

 

以前は、水菓子代わりにも 食べられていたそうです。

 

と、いうことで、

今回のメルマガのテーマは

苦くて甘―い!ゴーヤの効能です。

 

◆———————————-◆

そもそも「ゴーヤ」とは?

◆———————————-◆

 

「ゴーヤ」は熱帯アジア原産の苦瓜で

ツルレイシとも呼ばれています。

 

英名bitter melon…苦い瓜

学名「モモルディカ・チャランティア」

熊本弁で「ニガゴリ」「ニガゴーリ」

 

熟す前の未熟果を食べますが、

独特の苦みが特徴で、

その成分は食物繊維の一種

「モモルデシン」といい、

 

胃液の分泌を促進し

食欲を増進させる働きがあります。

 

また、肝機能や血糖値の 降下にも効果的(シャレ)

だと言われています。

 

栄養成分としては、

ビタミンC(キュウリやトマトの約5倍)

カルシウム(牛乳の約14倍)、

マグネシウムも豊富、

 

また、ゴーヤのビタミンCは

加熱しても壊れにくいので、

肉や卵などのたんぱく質と 炒めたり、

天ぷらにしたり 色々な調理法が楽しめます。

 

水分が多く、体も冷やし栄養満点

ゴーヤは夏バテ解消には

うってつけの野菜なんですね。

 

◆———————————-◆

夏を乗り切る「ゴーヤ、ジュース」

◆———————————-◆

 

細かく刻んだゴーヤに

りんごジュースを加えてミキサーに。

甘さが足らなければ蜂蜜で調整を。

 

ゴーヤ、バナナ、牛乳、蜂蜜の

組み合わせも美味です。

 

◆———————————-◆

しかし、食べ過ぎには注意が必要

◆———————————-◆

 

しかし、未成熟の野菜、果物には

「毒」の成分も含まれています。

 

田中先生曰く…

「植物は成長中の大事な種を

虫や鳥などに食べられぬよう

毒の成分を分泌するものが多いねん」

 

「苦い成分があるのは、

種がまだ出来上がっていないから。

苦い成分をだして、種を守っているわけや…

 

ほんで、充分成熟すると毒素はなくなり、

その種を鳥たちに食べてもらい、

あちこちに糞をして、

子孫の種を蒔いて もらうように、

なってるねん、

 

熟したら黄色い実がパカン!と 割れて、

真っ赤に熟した実ができて

どうぞ、食べてくださいというわけや。」

 

そう言う意味では

未成熟の野菜「ゴーヤ」は

食べすぎは危険

 

妊婦さん、授乳中の方には

あまりお勧め出来ない 食材でもあります。

 

ゴーヤの摂取量は個人差があり、

その人の体調次第ということですが、

何事も、食べ過ぎには用心が必要ですね。

 

※未成熟の青トマトには「トマチン」

ジャガイモの芽には「ソラニン」などの

毒性成分があるようです。

 

ところで、完熟ゴーヤって

どこで売っているのでしょう。

完熟しているということは、

市場に出回ることはないので、

自分でゴーヤを 栽培するしか、

ないようです。

 

大人の夏休みの宿題ですね。(苦笑)

 

※田中先生…(最後のダメ押し)

 

「どうしても熟したゴーヤが欲しいなら

収穫し忘れたゴーヤを探してみるんや!

近所に絶対あるで!」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

オリンピックに、甲子園 熱い戦いが更に加わり、

今年の夏は、ますます暑い!

 

新鮮でおいしい夏野菜を

たくさん食べて乗り切りましょう!

« »