桑の葉

蜂蜜の話

当社の一番人気の商品は

ずばり桑の葉茶です。

 

血糖値が気になる方、

糖分の取りすぎが気になる方に

おすすめの健康茶・・・

それが桑の葉茶なのですが、

 

そんな店舗が何故、真逆の

蜂蜜を販売しているのかというと、

 

単純な理由で、蜂蜜の方が

扱いが早かったのです。

(私のヘモグロビンも低かった…)

 

今から10年前、

熊本の八代(八代亜紀の故郷)の

養蜂園の師匠と私は出会い、

熊本県産の8種類の

蜂蜜の販売を開始したのでした。

 

レンゲに、菜の花、野バラに山栗

みかんに、晩白柚、デコポン…百花蜜

(※すべて熊本県産!)

 

しかしです…

わずか10年後の今、

誰も気が付かないうちに

蜜蜂を取りまく環境は激変したのです。

(蜜蜂だけが知っている!)

 

その当時は桜の花の蜂蜜

というものもあったのですよ。

今や、桜の花は咲いても

売るほどの蜜は採れません。

 

そして今度は菜の花の蜜が激減!

あんなに花が咲いているのに、

蜜が入っていないのです。

 

今年当社が確保できたのが、

わずか30本前後。

最初で最後の仕入れ、

今年の菜の花の蜜は

在庫限りです。(少しずつ販売します)

 

原因は不明ですが、

たぶん春先の気温差

冷え込みなのでしょうか。

 

花に蜜さえつかないほど、

自然環境は悪化中なのです。(汗)

 

◆———————————-◆

蜂蜜の糖質は?カロリーは?

◆———————————-◆

 

はちみつの糖質は100gあたり79.7g

蜜の種類によって違いはありますが、

おおよそ80gだと覚えておきましょう。

 

砂糖の糖質が99.2gですので、

調味料としてはかなりの高糖質です。

 

カロリーは100gで295kcalです。

砂糖(384kcal)よりは少なめですが、

大サジ1杯(21g)では62kcalで、

高カロリーには違いありません。

 

鉄や銅などのミネラルが砂糖よりも

多いので、砂糖を使うよりは、

蜂蜜を使ったほうが健康的と思われます。

 

◆———————————-◆

糖質制限、ダイエットには甘味料がおすすめ

◆———————————-◆

 

糖質制限をしている方は

蜂蜜の糖質も無視することができないので、

やはり甘味料がおすすめです。

 

甘味料よりは

もう少しナチュラルな調味料として

メープルシロップがあります

糖質は100gあたり66.2gです。

 

こちらも糖質が少ないわけでは

ありませんが、蜂蜜よりは少なめです。

 

◆———————————-◆

蜂蜜のメリット!

◆———————————-◆

 

蜂蜜の花粉には、

たんぱく、ビタミン、カルシウム、

カリウム、鉄やミネラルが含まれており、

 

体内に吸収されやすい形で

蜂蜜中に溶け込んでいます。

 

人はエネルギーの6割を

糖質から摂取します。

蜂蜜の主成分は

果糖とブドウ糖で出来た単糖類で、

 

食後20分程度で胃の負担も軽く

素早く吸収されて、即エネルギーとなります。

疲れた時や運動中のエネルギー補給に

優れた食品なのです。

 

脳のエネルギーの源になるのは

ブドウ糖だけなので、頭をよく使う時は

蜂蜜ドリンクが効果的かもしれません!

 

血糖値、カロリーなど

気にされない方は、これからの季節

疲れやすい時に栄養ドリンクの代わりに

ぜひ、蜂蜜をお使いください!

 

◆———————————-◆

熊本から東北、北海道へ!

◆———————————-◆

 

熊本の養蜂家の師匠は

これから忙しい季節になります。

 

ハウス農家のメロンやスイカ、

野菜の交配に、

飼育している蜜蜂を

貸し出されるのです。

 

そして、その作業と並行して、

採蜜の旅が始まります。

 

養蜂は重労働で全国的に後継者不足、

なんと熊本から鹿児島、そして東北、北海道と

スタッフと蜜蜂の旅が始まるのです。

 

※北海道のお客様、

里山にお出かけの時に、見かけられた

養蜂者は熊本から来ているかもしれません!

 

蜜蜂も養蜂者も、誰も気が付かない

里山のお花畑の中で、早朝から夕方まで

働き詰めで健康の源を

作ってくれているのです。

 

自然の恵みと、

養蜂者の熱意に感謝、感謝。

 

(今の季節になると、唱歌

おぼろ月夜をつい口ずさむ私です。)

« »