桑の葉

運動するなら、朝、夕どっち?

 

スポーツの秋です。

(私にとってはダイエットの秋)

 

最近また、ぽっこり、

ぷよぷよしてきたお腹を

引っ込めたい衝動に駆られ

 

休日の度に、近くの公園で

猛然と歩き出し、度が過ぎて

腰を痛めそうになる昨今です。

 

年齢57歳、身長164センチ

体重…70キロ(典型的なとっちゃん坊や)

あと3キロ痩せたいのです!

※ヘモグロビンA1Cは6.7(汗)

 

私の運動は本当に効果が

あるのでしょうか?

 

そもそも、運動するなら

朝夕、どっちが効果的なのでしょう?

 

ということで、今回は「時間運動学」

について調べてみました。

 

◆———————————-◆

結論は、昼か夕方が効果的

◆———————————-◆

 

「時間運動学」というのは

新しいジャンルで、その名の通り

「時間を考慮に入れた運動」の事です。

 

つまり、同じ運動でも

時間帯によって

どう効果が違うのかを

研究されているのです。

 

「朝・昼・夕・夜中」

四つの時間帯での結果ですが、

 

運動しないグループはもちろん

不変(相変わらずプヨプヨ)ですが

 

運動するグループは当然効果があり

特に昼から夜にかけての運動が

効率的とのことです。

 

人間に置き換えると

夕方、ジョギング以上の運動を

1週間続けると明らかに

ダイエットに効果が出て、

 

早朝、夜中の運動は

あまり効果がないようです。

 

※時間変化による糖の

取り込み量の推移データ

例:朝2.72% 昼3.89%

夕:3.25% 夜中2.73%

 

昼・夕の運動の方が

体内の糖分は消費

されているわけです。

 

◆———————————-◆

運動は食前か、食後か?

◆———————————-◆

 

これは明確なデータがあり、

運動後に食事をしても

体重の増加率は変わらず

(折角の運動も水の泡…)

 

逆に、食後の運動の場合

脂肪も燃焼、エネルギーの

代謝も増加し体重の増加も

抑えられます。

 

つまり「夕食後」の運動が

日中で一番ダイエットに

効果があるというわけです。

 

◆———————————-◆

「1週間リズム」で考える

◆———————————-◆

 

しかし日曜に運動しても

月曜が残業で夜食を食べすぎたら…

火曜日もカラオケに誘われて

暴飲暴食…

 

努力も無駄だと自暴自棄に、

ええい水曜日も木曜日も!

 

そんな馬鹿なことをするのは

私だけでしょうが…

 

「1週間リズム」で暮らしを考える

「週間栄養学」「週間運動学」という

考え方も出てきたようです。

 

実験で

1 1週間暴飲暴食をまったくしない

2 休日(2日間)だけ暴飲暴食、平日はしない

3 平日(5日間)だけ暴飲暴食、休日はしない

4 1週間暴飲暴食のグループで研究をしたところ

 

一番太るのは4で、

面白いことに3も同じ。

 

ところが、2のグループは

平日にバランスのよい食事をしているので

ほとんど、ダイエットには影響がないそうです。

 

つまり1週間単位で健康を考えると

多少の生活に乱れがあったとしても、

その健康リズムを意識していれば

ストレスも発散できて、

ダイエットも持続できるわけです。

つまり(ハメを外すのも)

2日だけなら、なんとかなる!

人生やりなおせます!

 

そう思えば、

日曜の夕方、明日からの

仕事の事を思い暗い気分になる

「サザエさん症候群…」に

陥ることもなく

 

月曜日の朝も、

元気に出勤できるわけですね。

 

そもそも1週間という単位は

古代ローマ時代に休息を取るために

端を発した人間だけの単位だそうで、

 

改めて先人の知恵を活かすべく、

明日からの1週間、

頑張ってみようと思います!

 

« »