桑の葉

思い込み度チェック!

「甘いものが大好き!」「甘いものが止められない!」

 

このままでは日本人全員糖尿病予備軍です。日本人はもう一度、糖尿病の事を学び直す必要があるのです。あなたの「糖尿病思い込み度」をチェックしてみませんか?

 

【思い込み1】健康診断はぎりぎり正常値内だ。

 

ヘモグロビンの数値を基準に判断されることをお勧めします。ヘモグロビンA1cの数値が5.2未満が正常です。空腹時血糖値は糖尿病患者でも正常値を示す時があり、隠れ糖尿病の危険もあります。ぎりぎり正常値というのはすでに危険ラインです。

 

【思い込み2】糖尿病の気があるだけだ。

 

お医者様からそう言われた場合、これはずばり糖尿病だと言う意味。数年後の生死がかかっていないから、曖昧な言い方が通ってしまうのです。

 

【思い込み3】問題なのは血糖値だけ。

 

血糖値が高いと免疫力も落ち、病気になりやすく治りも遅くなる。新型インフルエンザなどの感染症の重症化も。全身の大問題に通じるのです。

 

思い込み4】お酒はきっぱり止めました。

 

血糖値を上げる最大の犯人は炭水化物。カロリーは多少高くても適度なアルコールでストレスを発散したほうが良いようです。

 

【思い込み5】カロリーコントロールしているから大丈夫。

 

ステーキをいくら食べても血糖値は上がりませんが、米やトーストでは血糖値が上がります。カロリーが問題なのではなく、炭水化物の量が問題です。

 

【思い込み6】   自分は太っていないから大丈夫。

 

肥満は糖尿病の最大の原因。しかし、痩せている人で隠れ糖尿病の人も多い。 痩せている人に食後の血糖値が高くなる人が多いようです。

 

【思い込み7】若い女性にとっては遠い話。

 

甘いものが大好きで食事代わりにお菓子を食べている人は若くても要注意です。 主婦の方は健康診断に行く機会が中々ないので発見が遅れる場合もあります。

 

【思い込み8】子供は太目くらいがいい。

 

子供の糖尿病が激増!しかし大人の危機感を持たずにやり過ごされて大変に。 幼児にはコーラ、ジュース、栄養ドリンクは与えない方が賢明です。

 

【思い込み9】主治医の診察を受けている。

 

糖尿病の専門医が圧倒的に不足しているようです。糖尿病は簡単な病気ではないので 年に一度は専門医の診断を!

 

【思い込み10】いつでも取り組む準備が出来ている。

自己コントロールを自覚する時ではもう手遅れです。 要するに「まだまだ大丈夫」と自分を甘やかし「糖尿病なんてこんなもの」だと間違った思い込みはとても危険です。

病気について「思い込み」は、ほとんど意味はありません。精密な検査の数値が基本になり、その数値をもとに100人100様の健康法、治療法、生活法があるのです。年に一度は、専門医の検診をお勧めします。

« »