桑の葉

国産 桑の葉茶だから安心、安全。里山育ちの桑の葉です。

例えば、広大な中国大陸の自然環境の情報を、日本国内でリアルに取得するのは困難です。又、中国の工場の加工工程を常時チェックするのは至難な技です。   地球規模で環境汚染の問題が問われる中、今では中国から海を越え、「PM2.5」等の汚染物質まで九州に飛散してくる時代になりました。しかし環境の問題は簡単に解決できる問題ではありません。   当社の桑の葉茶はすべて国産、熊本産の桑の葉を原料にしています。   健康な環境のもとで、いつでも管理できる環境でないと、「健康茶は健康に育てられない」と当社は考えています。   熊本市内の事務所から車で約30分。当社の桑の葉の農場は熊本県の中央部、上益城(かみましき)郡美里町にあります。加工場は美里町に隣接する、宇城(うき)市にあり、工場自体も豊かな自然環境の中にあります。   常時、当社、加工場、農場が情報交換ができる体制をとり品質管理に努めています。提携先の工場はお茶の加工の専門の工場でJASの認証工場でもあります。   当社の契約している桑の葉農場や加工所は「PM2.5」等の影響をほとんど受けない、熊本県央の農村部に立地しています。桑畑の周りは今も、里山ののどかな田園風景が広がっています。   春にはピンク色に染まったたれんげ畑に蜜蜂が飛び交い、夏には小川に蛍が舞い、秋には掛け干しされた稲穂にトンボが飛び交います。当社の桑の葉茶は熊本の里山育ちの健康茶なのです。 熊本はかって全国有数の養蚕が盛んな地でした。少数ながら、桑の樹の高い管理技術を持つ農家が残り、今は桑の葉の原料にするために桑の樹の栽培を行い、全国のお客様へお届けする、質の高い桑の葉作りに努力を重ねています。

« »